MENU

香川県高松市で外壁塗装、屋根塗装、雨漏り補修、防水工事リフォームのことなら、外壁&屋根塗装・防水工事専門店 塗り替え工房 彩りへ

見積無料 お気軽にお問い合わせ下さい

0120-947-423受付時間 8:00~18:00
(水曜日定休)

WEB見積依頼でクオカードプレゼント!!

現場ブログ - 豆知識 塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場ブログ > 豆知識

豆知識の記事一覧

2021.04.12 更新

外壁の種類やメンテナンスについて

こんにちは、高松市の屋根・外壁塗装専門店塗り替え工房 彩りです。 今回は外壁の種類やメンテナンスについてお話いたします。 外壁には様々な種類があます。 代表的なのがサイディングで、皆様も耳にされたことはあるかと思います。 その中でも、最も多く使用されているのが窯業系サイディングです。 窯業系サイディングとはセメント系の材料を繊維素材等で強化プレス形成したものです。 次に金属性サイディングです。 金属系サイディングは成形スチール等に断熱材を裏に打ったものです。 その他木質系のサイディングがあります。 安価なものもあり、施工も比較的に早くできます。 プリント技術が向上し、レンガ調・石目調など本物と見間違えるほどの商品が出ております。 そのような外壁材でも10年ほど経ってくると色褪せやチョーキング(塗膜の粉化)やシーリングの劣化が目立つようになってきますのでメンテナンスが必要になってきます。 窯業系サイディングですと板と板の間やサッシ周りのコーキングの劣化が心配です。 コーキングの劣化により窯業板の反りや割れの原因となります。更にほおっておくと躯体内の木部を傷めてしまう事になります。 また、表面は塗装ですのでチョーキングが見られたらこれは塗膜が粉化し防水力が低下しておりますので、雨水等の影響でやはり反りや塗膜の剥がれや内部からの湿気による傷みがが生じることがあります。 このような症状は目視や外壁に触るとご自分でも状態を確認できます。 ちょっと心配だなと思われたら、専門家にご相談いただくのがおすすめです。 チョーキングやシーリングの劣化、シーリングが十分な厚さで充填されていないシーリングの劣化、板の反り、クラック、外壁のダメージは様々な原因がございますので適切な補修方法でしっかりとメンテナンスをしていくことが大切です。 彩りでは、お見積りの段階から屋根外壁の劣化診断をしっかりと行い、必要に応じた適切な処理や補修を提案し自信を持って施工を行いますので、お客様から高い評価をいただいております。 お家のことでどんな些細なことでも何か気になることがありましたら 高松市の屋根・外壁塗装専門店 彩りへ ご相談ください!!

詳しくはこちら

活動日誌豆知識

2021.03.29 更新

調査事例

こんにちは、高松市の屋根・外壁塗装専門店塗り替え工房彩りです。 今回は以前に診断依頼をさせていただいた内容をご紹介います。 築35年の注文住宅のお家で、外壁が吹付タイルでした。 手で触ったときに砂状のリシンに比べるとボコボコした感触があるのが特徴です。 吹付専用のタイルガンと言われる塗装吹付機で仕上げていきます。 今回はその外壁材の状態を確認する調査にお伺いしました。 外壁材をチェックする時には写真の通り、打診棒を使って調査する事もありますが、これは音を聞いています。塗膜が浮いている部分とそうでない部分がすぐに分かります。(見た目で判断できるケースも多々ありますが)数多くの事例を見て来たからこそ、多くの外壁材の状態が分かるのですが、この吹付タイルだと表面に使われている樹脂によって、耐久年数が変わってきますので、汚れや色あせ、コケ、藻の発生を見る目的もありますが、以前に行われた外壁塗装の状態も確認しています。 塗装工事の深い部分はこのような前の外壁塗装の状態を確認する部分です。良い塗装は下地の状態を把握し、適切な下地処理の方法や材料を選定することから始まります。 今回のお宅は、以前に高松市の某リフォーム会社で塗装工事をしてもらったようで、そこが既に倒産してなくなっていたという事からお問合せを頂きました。 その工事の時の下地処理が甘かったようで、既存の塗膜が浮いている部分が複数箇所ありました。 2回目の外壁塗装工事ではこのような事が起こってきます。それ位、1回目の塗装は重要という事です。 このようにならないために、「価格だけで選ばないこと」をオススメしています。 以上の事から彩りでは、1回目、2回目の塗装を問わず、下地処理にこだわり適切な補修方法でしっかりと処理させていただいております。同じ塗料でも少しでも長持ちする施工を行っていますので安心してお任せください。 お家の屋根や外壁のことでどんな些細なことでも何か気になることがありましたら高松市の屋根・外壁塗装専門店彩りへ ご相談ください!!

詳しくはこちら

活動日誌豆知識

2021.03.22 更新

ショールームでの商談について

こんにちは、高松市の屋根・外壁塗装専門店塗り替え工房 彩りです。 今回はショールームでの商談についてお話しします。 弊社では基本的に商談の際にはショールームにご来店いただいています。 わざわざ来ていただくには理由があります。 1つ目は会社のことをよく知ってもらうためです。 実際にショールームに来ていただくことにより 彩り がどんな会社か知ってもらうことができます。 塗装工事も決して安い工事ではありませんので工事する業者(会社)がどんな会社か理解し安心していただくためです。 2つ目は塗装を理解してもらうためです。 塗装といっても簡単には説明できませんが少しでも理解していただくために ショールームにある屋根材や外壁材・サンプル・過去の施工事例などを見て・聞いたりしながらお話しさせていただけるからです。 3つ目はお見積内容に変更があった場合でもすぐに金額変更の対応することができます。 急な変更でもすぐに対応できますし、塗料の変更の際もすぐに金額の変更が可能です。 今回は簡単に説明させてもらいましたが、ショールーム来ていただくとたくさんのメリットがあります。 現在、ショールームの方は完全予約制となっておりますがお気軽にお問合せください。 お家のことでどんな些細なことでも何か気になることがありましたら 高松市の屋根・外壁塗装専門店彩りへ ご相談ください!!

詳しくはこちら

活動日誌豆知識

2021.03.08 更新

クリヤー塗装について

こんにちは、高松市の屋根・外壁塗装専門店塗り替え工房 彩りです。 今回はクリヤー塗装についてお話したいと思います。 最近の外壁材は印刷技術の進歩によって複数の色を塗装使用し多彩な外壁材も多くあります。質感が高いため塗装メンテナンスは必要ないと思っておられる方も多いです。 中には表面に高耐候な塗装がしてあるため20年先まで塗装しなくても大丈夫というものもありますが、大半はメンテナンスが必要な外壁材になります。 通常の塗り替えの場合は単色で塗装するわけですが、通常の塗装ですとせっかくの質感が台無しになってしまいます。 そんな多彩のサイディングの意匠をそのまま保護できる塗料が 高意匠サイディング用クリヤーです。 各メーカー様でも商品化がされていますが、クリヤー塗料にもウレタン系、シリコン系、フッ素系などの種類があり、値段も耐候性も異なりますので選択の際には注意が必要です。 また、コーキングの上は塗装不可になっている塗料が多いのでコーキングの耐候性も考慮する必要があります。 クリヤー塗装を行う場合は8年~10年程度の劣化の少ない時期に塗装することを推奨しています。 せっかく気に入って選んだ外壁の柄などをきれいな状態で長く維持されたい場合は劣化の少ない状態でのクリヤー塗装をお勧めいたします! お家のことでどんな些細なことでも何か気になることがありましたら 高松市の屋根・外壁塗装専門店彩りへ ご相談ください!!

詳しくはこちら

活動日誌豆知識

2021.03.01 更新

お家のメンテナンスについて

こんにちは、高松市の屋根・外壁塗装専門店塗り替え工房 彩りです。 今回は家のメンテナンスについてお話します。 塗装とは、家のメンテナンスにおいて非常に重要な部分です。 定期的に手入れをすることで いつまでも綺麗な状態を保つことが出来るのはみなさんご存知だと思います。 シリコン系塗料であれば10年程度、 フッ素や無機系塗料であれば15年前後が 一般的な耐用年数だと言われています。 家を新しく建ててから年月が浅い人からすると 「塗装のメンテナンスとは無縁だ」と思っいる方も多いかと思います。 しかし、新築だからといって油断していると 思わぬ劣化を見落としかねません。 壁を触ってみて白い粉が手に付着すれば それは「チョーキング」の始まりかもしれません。 じっくりと見てみると小さなひび割れが入っているかもしれません。 天井に変なシミが出てきたら雨漏りの可能性もあります。 新築だと「まだ劣化はしない」と 安心してしまう部分もあると思います。 しかし外壁の劣化などは早く気がつくことでこそ、 大惨事になることを防ぐことができるのです。 その上、施工終了後の数年間は保障期間である場合が多いです。 小さな不調に気がついた際には、 すぐに問い合わせるようにしましょう。 彩りでは、お見積りの段階から屋根外壁の劣化診断をしっかりと行い、必要に応じた適切な処理や補修を提案しておりますので、お客様から高い評価をいただいております。 お家のことでどんな些細なことでも何か気になることがありましたら 高松市の屋根・外壁塗装専門店 彩りへ ご相談ください!!

詳しくはこちら

活動日誌豆知識

2021.02.15 更新

コーキング材について

こんにちは、高松市の屋根・外壁塗装専門店塗り替え工房 彩りです。 今回はコーキング材についてお話します。 最近お客様の要望もあり、弊社でもよく使用させていただいているコーキングが オートンイクシードです。 窯業系サイディングのコーキング打替えにはオススメです。 一般的に多く使用されているコーキング材といえば「変性シリコン」が一般的です。 対候性に優れ、その上に塗装することができるからです。 オートンイクシードはウレタン系ですが驚異の伸び率と15年超の耐久性を実現した次世代のコーキング材です。 施工方法等は一般的な工法と変わらず既存のコーキング材を撤去して新しくコーキング材を充填していきます。 では、一般的な変性シリコンはあまり良くないのか?とのご質問をよくいただきますがそんなことはありません。 大切なのは塗料とのバランスです。 コーキングは15年以上持つけど、塗料は5年しか持たないのでは意味がありませんので。 オートンイクシードを使用するなら、塗料も対候性に優れたものを選んだ方が良いですね。 塗料もコーキング材も同じですが、何を使うかも大切ですが、どう施工するかがとても大切な部分になります。 彩りでは、お見積りの段階から屋根外壁の劣化診断をしっかりと行い、必要に応じた適切な処理や補修を提案し自信を持って施工を行いますので、お客様から高い評価をいただいております。 お家のことでどんな些細なことでも何か気になることがありましたら 高松市の屋根・外壁塗装専門店彩りへ ご相談ください!!

詳しくはこちら

活動日誌豆知識

2021.02.08 更新

瓦棒の塗装について

こんにちは、高松市の屋根・外壁塗装専門店塗り替え工房 彩りです。 今回は屋根材でも多く使用されている瓦棒の(トタン屋根)塗装の流れや注意点についてお話ししたいと思います。 そもそも瓦棒とは屋根の葺き方の名称であり、簡単に言えばトタンとトタンの継手部分に高低差をつけ る事で防水効果を得ています。ですので、急な勾配を必要とせずとてもこの工法の屋根は多いです。 この瓦棒屋根を塗装する上でとても大切な事は、ケレン作業です。 電動工具や手工具を使用しケレンしていきます。ここでサビや脆弱な塗膜を剥がし 屋根面に細かいキズを付け塗料の密着性を高める必要があります。(この部分がとても重要です) 下塗りではサビ止め塗料を塗っていきます。刷毛とローラーを用いてしっかりと塗装していきます。状況によってはサビ止め塗装を2回行う事もあります。次に中塗り上塗りをし計3~4回の塗装を行うのです。 最近ではホームセンターなどでもトタン屋根用の塗料やさび止め塗料等多くの種類の塗料が出ていますが 屋根材や状態により塗料もそれぞれ使い分けなくてはいけないのです。 壁の塗装を行う時も屋根の塗装を行う時も、どのような塗料で塗装を行うかも大事ですが、どのように塗装を行うかがとても大切な部分になります。 お家のことでどんな些細なことでも何か気になることがありましたら 高松市の屋根・外壁塗装専門店彩りへ ご相談ください!!

詳しくはこちら

活動日誌豆知識

2021.01.18 更新

ケレン作業について

こんにちは、高松市の屋根・外壁塗装専門店塗り替え工房 彩りです。 今回は下地処理(ケレン作業)についてお話します。 外壁や屋根などに塗装を行う場合、実際に塗装をする前に、必ず下地調整を行うことが必要です。 外壁などの広い面積の場合では、高圧洗浄などを行った後に外壁をチェックして、問題が生じていない場合ではそのまま塗装作業に入ることが一般的ですが、塗装を行う部位や状態、素材によってはケレンを行うことが必要です。 ケレンとは、一般的には研磨作業を意味していることになりますが塗装作業を行う上では重要な作業の一つです。 古い塗膜を剥したり錆を落としたり密着を高めるために行ったりと様々な目的がありとても重要な作業として行われています。このケレン作業をしっかりと行わずに塗装を行ったりすると早い段階で錆の発生や塗膜の剥がれなどの不具合が現れますのでとても重要な下地処理になります。 どんな塗料を何度塗り重ねるかも重要ですが、どのように処理をして塗装するのかがとても重要な部分になります。 彩りでは、お見積りの段階から屋根外壁の劣化診断をしっかりと行い、必要に応じた適切な処理や補修を提案し自信を持って施工を行いますので、お客様から高い評価をいただいております。 お家のことでどんな些細なことでも何か気になることがありましたら 高松市の屋根・外壁塗装専門店彩りへ ご相談ください!!

詳しくはこちら

活動日誌お知らせ豆知識

2020.12.21 更新

急勾配屋根の塗装について

こんにちは、高松市の屋根・外壁塗装専門店塗り替え工房 彩りです。 今回は急勾配屋根の塗装についてお話します。 一般的な屋根勾配のお家の場合には屋根を塗装する場合に屋根塗装の為の足場を設置する場合は殆どありませんが、 急勾配屋根の場合は「屋根足場」というものが必要になります。 屋根足場を設置することで不安定な足元も安定し、安全に作業することができます。 ですが屋根足場の上だと通常の施工よりも作業効率は下がりますので、職人の技術と経験が求められます。 彩りでは十分な教育を受け、経験のある職人や一級塗装技能士も複数名在籍しています! 彩りでは、お見積りの段階から屋根外壁の劣化診断をしっかりと行い、必要に応じた適切な処理や補修を提案し自信を持って施工を行いますので、お客様から高い評価をいただいております。 お家のことでどんな些細なことでも何か気になることがありましたら 高松市の屋根・外壁塗装専門店彩りへ ご相談ください!!

詳しくはこちら

活動日誌豆知識

2020.12.14 更新

カビやコケの発生する条件について

こんにちは、高松市の屋根・外壁塗装専門店塗り替え工房 彩りです。   今回は、外壁などに発生するカビやコケについてお話したいと思います。 発生しやすい場所や原因。 近くに川や海などがある近くに川や海などがある地域にお住まいの方は要注意。カビやコケは、湿度が高い場所にできやすいです。海辺や川沿いは湿度が高く潮風も吹く為、他の地域に比べてカビやコケが発生しやすくなります。 近くに森林が多い近くに森や林など緑の多い地域にお住まいの方も注意が必要です。お家の周りに森林や草木があると湿度が高くなりやすかったり日陰が多くなる為、カビやコケに適した環境になってしまいます。お家の庭に草などがたくさん生えていると、陰になる部分ができたり風通しが悪くなったりでカビやコケが発生してしまいます。草などは水分を含んでいるので特に要注意です。 日当たりが悪い場所に住んでいるカビやコケが発生しやすいお家の部分の多くが日陰になりやす箇所だったりします。特に、お家の北側などは日が当たる時間が短い為なかなか乾燥しづらい場所になります。さらに、お家自体があまり日が当たらないような場所だと、全体的に乾燥しづらくなり結果的にカビやコケが発生してしまいます。 外壁に凹凸(おうとつ)が多い外壁に凹凸が多い場合も注意が必要です。ザラザラとした外壁の場合、降った雨が溜まりやすくカビやコケも凹凸に発生しやすくなるので要注意です。また、平らな外壁であっても劣化によってヒビ割れがある場合、隙間にカビやコケが発生するので気をつけましょう。 結露が発生しやすい場所サッシ付近などの結露が発生しやすい場所にもカビやコケが発生しやすくなります。また、外壁自体に結露ができるような構造になっている場合は、いくら外壁塗装を行ってもカビが生えてきてしまいます。 彩りでは、お見積りの段階から屋根外壁の劣化診断をしっかりと行い、必要に応じた適切な処理や補修を提案し自信を持って施工を行いますので、お客様から高い評価をいただいております。       お家のことでどんな些細なことでも何か気になることがありましたら 高松市の屋根・外壁塗装専門店彩りへ ご相談ください!!

詳しくはこちら

活動日誌豆知識

2020.12.07 更新

塗装の役割

こんにちは、高松市の屋根・外壁塗装専門店塗り替え工房 彩りです。   今回は塗装の役割についてお話します。 私たちの肌も紫外線に浴びると焼けて肌の劣化に繋がるように、建物も紫外線によって劣化することが多くあります。 特に夏場の紫外線は強く屋根や外壁も劣化するため、外壁の劣化から建物の劣化へとつながってしまうことがあるのです。 屋根材や外壁材の劣化を防ぐために塗装があるのですが、多くの人は塗装の役割は外観を良くするためだけのものだと考えていることが多く、そもそも塗装は必要なの?と思っている人や塗装が劣化してもそのままにしているという人は少なくありません。 塗装には数十万円から百万円以上のお金がかかってしまうことがあるので、見た目だけの問題だと簡単に塗装費用を出すことができるものではありません。 このような理由から塗装の劣化をそのままにしているという人も多いのですが、そのままにしていると建物自体が劣化してしまうことになり、建物が劣化してしまえば耐久性が落ち気づいた時には大掛かりな建物の修繕が必要となる場合もあり塗装にかかる費用の何倍ものお金がかかってしまうこともあります。 そのため、塗装が紫外線で劣化をしていないか定期的に専門の業者のチェックを受け、適切な時期に塗り直しをするのが建物の状態を維持する重要なこととなります。 皆様方のお家の屋根や外壁は大丈夫ですか?   お家のことでどんな些細なことでも何か気になることがありましたら 高松市の屋根・外壁塗装専門店彩りへ ご相談ください!!

詳しくはこちら

活動日誌豆知識

2020.11.16 更新

外部足場の費用について

こんにちは、高松市の屋根・外壁塗装専門店塗り替え工房 彩りです。   今回は、外部足場の費用についてお話したいと思います。 外壁塗装を行う際に必ず必要になるのが外部足場です。 屋根材が塗装の必要な場合になりますが、外部足場を設置するのであれば外壁と同じく屋根も一緒に塗装をしてしまうのが足場代の節約にもなりお得です。 足場の料金で大体10万から20万程度の出費となってしまうので、外壁塗装をしたすぐあとに屋根の塗装もするということになれば余計に10万円から20万円の費用がかかってしまうということになります。 しかし、外壁と屋根を一緒に行う事で足場の料金を削減することができますから、同時に行ったほうが費用の節約をすることができるのです。 ただし、屋根塗装がまだまだ持つという状態であれば足場代が二重にかかったとしても、後で行ったほうが得をするということもありますから、状態をしっかりと見極めて同時に塗装をするのかどうか決める必要があるのですが、大体の場合に関しては屋根も外壁も同じぐらいの時期に劣化をしますからタイミングとしては同時に行ったほうが費用の面でも時期的な面でもベストと言えます。 そのため、実際に塗装をする場合には業者の人と相談をしてどちらのほうが費用の面で有利であるか確認した上で、同時に行ったほうがいいとわかった時には足場代の節約にもなるので一緒に屋根の塗装も行うと良いでしょう。   彩りでは、お見積りの段階から屋根外壁の劣化診断をしっかりと行い、必要に応じた適切な処理や補修を提案し自信を持って施工を行いますので、お客様から高い評価をいただいております。 お家のことでどんな些細なことでも何か気になることがありましたら 高松市の屋根・外壁塗装専門店彩りへ ご相談ください!!

詳しくはこちら

活動日誌豆知識

相談無料 見積無料 診断無料 塗り替え工房 彩りまでお気軽にお電話ください

0120-947-423
受付時間 8:00~18:00
(水曜日定休)

無料お見積依頼

他社でお見積り中の方も大歓迎!失敗しないためにもぜひ比較してください!!

  • 外壁診断
  • 雨漏り診断

チラシ・HPでも公開しない必読の情報満載 塗装をする前に是非ご一読ください! 塗り替え工房 彩りが長年蓄積した塗装のイロハ 資料請求はこちら 塗り替え工房 彩り会社概要はこちら
外壁診断 無料 プロによる正しい診断で適正価格のご提案をします! 雨漏診断 無料 気になる雨漏りの原因を迅速に突き止めます!!
スタッフ紹介はこちら アパート マンション 150万円以内で塗装 詳しくはこちら 初めて塗装工事をされる方へ