MENU

高松市で外壁塗装、屋根塗装、雨漏り補修、防水工事リフォームのことなら、外壁&屋根塗装・防水工事専門店 塗り替え工房 彩りへ

見積無料 お気軽にお問い合わせ下さい

0120-947-423受付時間 8:00~18:00
(水曜日定休)

WEB見積依頼でクオカードプレゼント!!

現場ブログ - 豆知識 塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場ブログ > 豆知識

豆知識の記事一覧

お見積りについて

2024.06.22 更新

お見積りについて

こんにちは、高松市の屋根・外壁塗装専門店塗り替え工房彩りです。 今回はお見積りについてお話します。 お問い合わせの中で見積お願いしたいのだけど何が必要でどうすればいいのかわからなのだけど…。といったような問い合わせが多いのでそんな方にどのような手順でお見積が作成できるのかご説明したいと思います。 お電話でお問い合わせいただくと担当者へ繋がります。 担当者より次のような質問があります。 どのようなご依頼ですか? 氏名、住所、電話番号、築年数をお教えください。 図面はお持ちですか? 施工箇所の材質はどのようなものですか? 見せていただきたいのでご都合の良い日を教えていただけますか? お客様によってご要望や内容は様々で、壁のヒビ補修であったり、屋根や外壁の塗装であったりだと思いますが、ご依頼の内容はできるだけ明確にお聞きします。 築年数や材質、図面などが分かる資料があれば早く診断書や見積書を作成しお渡しすることができます。 資料が無くても見させていただく時間が長くはなりますが可能です。   彩りでは、お見積りの段階から屋根外壁の劣化診断をしっかりと行い、必要に応じた適切な処理や補修を提案しておりますので、お客様から高い評価をいただいております。 お家のことでどんな些細なことでも何か気になることがありましたら 高松市の屋根・外壁塗装専門店塗り替え工房彩りへ ご相談ください!! ■高松市の外壁塗装ショールームはこちら ■外壁塗装・屋根塗装のお見積もり依頼はこちら ■ドローン診断で屋根・外壁の劣化状況をチェック ■外壁塗装・屋根塗装プランはこちら

詳しくはこちら

活動日誌豆知識

塗装の診断

2024.06.15 更新

塗装の診断

こんにちは、高松市の屋根・外壁塗装専門店塗り替え工房彩りです。 今回は塗装の診断について少しお話させて頂けたらと思います。 まず、塗装の恐ろしいところは、塗ればとりあえずきれいになってしまうというところです。 弊社のチラシやホームページ等で下地処理や補修方法が大切などと、何度も何度も書いておりますが、よくお客様に「何回塗るの?」「何の材料塗るの?」などといった質問を聞かれます。確かに分かり易い目安なのでセールストークでこの部分を強調する方も多いです。 もちろん性能の良い材料を適切な塗布量で塗装することはとても大切で重要な事ですが、ただ何回塗っても高性能な材料を塗っても、下地処理や補修不足なら価値は半減するどころか全く価値がないことすらあります。 多くの塗装のトラブルは、この下地処理や補修が適切に行われていない!場合からによるものがほとんどです。 そういった部分をしっかりと診断して見極める知識や判断力が備わっている業者であれば安心して任せられますが・・・。残念ながら専門の業者以外ではあまり居ないです。 良心的な業者であっても知識や判断力が無ければ診断のしようもありません。 ほとんどの場合が、クラック(ひび割れ)があります。外壁がチョーキングしています。(壁が白くなっている)程度の誰が見ても分かる診断でしかない場合が多いです。でもそれは当然なのです。なぜなら塗装の知識などは始めから無いからです。 分からないから「何回塗ります」「こんなに良い塗料を使います」等々このような部分のセールストークをしてきます。 長々と書き込みましたが、信頼できる業者に適切に見てもらう事がお家のメンテナンスでとても大切な部分になります。   彩りでは、お見積りの段階から屋根外壁の劣化診断をしっかりと行い、必要に応じた適切な処理や補修を提案しておりますので、お客様から高い評価をいただいております。 お家のことでどんな些細なことでも何か気になることがありましたら 高松市の屋根・外壁塗装専門店塗り替え工房彩りへ ご相談ください!! ■高松市の外壁塗装ショールームはこちら ■外壁塗装・屋根塗装のお見積もり依頼はこちら ■ドローン診断で屋根・外壁の劣化状況をチェック ■外壁塗装・屋根塗装プランはこちら

詳しくはこちら

活動日誌豆知識

軒樋の針金固定

2024.05.25 更新

軒樋の針金固定

こんにちは、高松市の屋根・外壁塗装専門店塗り替え工房彩りです。 今回は軒樋の針金についてお話します。 軒樋を抑えている針金が劣化により切れてしまっている場合が多くあります。 お家の塗替え考えるタイミングのお家ですと珍しくないことです。 ただ、業者によってはチェックさえしてくれない場合、もしくは切れていても気にしていない場合も珍しくありません。 彩りでは工事内容にかかわらず工事前はもちろん工事中の中でもしっかりとチェックや補修は行っています。 今回のような劣化している針金の補修や切れてしまっているバンドの交換、錆てしまっているビスの交換など。塗装工事の現場で塗装以外の細かな事がたくさんあります。 彩りではこのような場合、自分たちの判断で容易に修繕や補修出来る場合は無償で行っています。 大事なのは気づけるかどうかです! 気にしていなかったら気づけませんので。 下請けに丸投げの業者ですと当然気付けないですよね。 今回のような場合、せっかく塗装を行い綺麗になったのに、このまま放っておいたら台風などの大風で軒樋が飛ばされていたかもしれませんがこれで安心です。   彩りでは、お見積りの段階から屋根外壁の劣化診断をしっかりと行い、必要に応じた適切な処理や補修を提案しておりますので、お客様から高い評価をいただいております。 お家のことでどんな些細なことでも何か気になることがありましたら 高松市の屋根・外壁塗装専門店塗り替え工房彩りへ ご相談ください!! ■高松市の外壁塗装ショールームはこちら ■外壁塗装・屋根塗装のお見積もり依頼はこちら ■ドローン診断で屋根・外壁の劣化状況をチェック ■外壁塗装・屋根塗装プランはこちら

詳しくはこちら

活動日誌豆知識

錆びの発生要因について

2024.05.18 更新

錆びの発生要因について

こんにちは、高松市の屋根・外壁塗装専門店塗り替え工房彩りです。 今回はサビが発生する原因についてお話します。 鉄部の塗装は、モルタルなどの一般的な外壁材と比べて耐久性が短いといわれている中で腐食するスピードの速いサビが発生すると、塗装してある鉄部にまで一気に広がるほか、鉄自体の強度も弱めてしまいます。 通常、鉄部に塗装を施した状態では「塗膜が覆っている」ため、サビは発生しません。 ただ、様々な要因はありますが経年劣化や内部結露などによりサビは発生します。 その大きな要因は剥き出しの鉄部に水分が反応するためです。 サビというのは、雨や湿気による酸素を含んだ「水分と塩分」が、鉄に触れることで「酸化鉄」になった状態を指します。 また、繁殖力のあるサビを発生させてしまうと、横広がりと鉄の細部の腐食が同時に進行します。 そのため、まだ塗装されている鉄部の塗料が剥がれ落ちるだけでなく、 放置状態によっては指で押すだけで躯体部分が曲がるケースも珍しくありません。 サビが発生したら素早い対処が必要です! 是非鉄部のサビを見てみてください。 彩りでは、お見積りの段階から屋根外壁の劣化診断をしっかりと行い、必要に応じた適切な処理や補修を提案しておりますので、お客様から高い評価をいただいております。 お家のことでどんな些細なことでも何か気になることがありましたら 高松市の屋根・外壁塗装専門店塗り替え工房彩りへ ご相談ください!! ■高松市の外壁塗装ショールームはこちら ■外壁塗装・屋根塗装のお見積もり依頼はこちら ■ドローン診断で屋根・外壁の劣化状況をチェック ■外壁塗装・屋根塗装プランはこちら

詳しくはこちら

活動日誌豆知識

塗装の費用について

2024.04.20 更新

塗装の費用について

こんにちは、高松市の屋根・外壁塗装専門店塗り替え工房彩りです。 今回は塗装工事にかかる費用についてお話します。 来店されるお客様や、電話でお問い合わせを頂くお客様のなかで、塗装ってどのくらいの費用がかかるの?とご質問頂くことがあります。 弊社でお渡ししている冊子や、ショールームでお見せできる資料などでは、ショールームなどでお見せ出来る資料では、概ね80~130万円と明記しております。 一概に「〇〇万円かかります。」と即答は難しいのです。 弊社ではお客様のお宅に伺い、建物を実測した数字を基に見積をさせていただきます。また傷み具合や補修方法によって提案させていただく内容が変わります。以上の事から、お電話でのお問い合わせには「延床面積○○平米なら、いくら位?」とか、「あそこの家と同じくらいだから、いくら?」との質問に、明確には答え辛いのです。 お値段概算のポイントは 建坪数よりも壁面積の大きさで差が出ます。 「壁のみの塗装」と「付帯部込み」では大きな差が出ます。 シーリングの打ち替えが必要な場合は費用がかさみますし、ひびなどの補修が多いと、処理に応じた費用が発生します。 上記のように、実際の劣化度合いや補修方法によって大きく費用が変わってきますのでお客様のご要望や補修方法等を総合的に判断し塗装プランをご提案させていただいております。   彩りでは、お見積りの段階から屋根外壁の劣化診断をしっかりと行い、必要に応じた適切な処理や補修を提案しておりますので、お客様から高い評価をいただいております。 お家のことでどんな些細なことでも何か気になることがありましたら 高松市の屋根・外壁塗装専門店塗り替え工房彩りへ ご相談ください!! ■高松市の外壁塗装ショールームはこちら ■外壁塗装・屋根塗装のお見積もり依頼はこちら ■ドローン診断で屋根・外壁の劣化状況をチェック ■外壁塗装・屋根塗装プランはこちら

詳しくはこちら

活動日誌豆知識

油性塗料と水性塗料

2024.04.08 更新

油性塗料と水性塗料

こんにちは、高松市の屋根・外壁塗装専門店塗り替え工房彩りです。 今回は塗料についてお話したいと思います。 まず初めに水性と油性塗料の性質の違いはご存知でしょうか? 水性の方が持ちが悪そう。塗料を希釈(薄める)するのに水性は水を使う、油性はシンナーを使うなど、なんとなくこの様なことは皆様ご存知ではないでしょうか。 では、実際はどのように違うのでしょうか? 水性の方が持ちが悪そう 何年か前までは油性塗料の方が塗膜としては強く、水性塗料は多く使用されていませんでしたが最近だと塗料が進化してきたためどちらも大差はありません。 ただし、どちらも一液・二液の塗料があり用途によって使い分けるのですが、その場合は一液より二液の方が価格が高くなってしまいます。 次に違うのは 油性塗料より水性塗料の方が匂いが強くないということです。 油性塗料は匂いが強いのと、シンナーを希釈として使うため周囲に迷惑をかけてしまう恐れがあります。 一方、水性塗料は油性塗料と比べて匂いは強くないですし希釈には水を使います。 これは作業をしている私たちにもお客様にも迷惑がかからないのでとても助かります。 他にも水性塗料は下地に馴染みやすいという性質もあります。 これだけの情報を聞いてしまうと、水性塗料の方が価格も安いし油性塗料よりもいいのでは?と思いますが、もちろん油性塗料にももちろんいいところはあります。 例えば、屋根もしくは鉄部を塗装する場合には油性塗料が断然おすすめです。 なぜなら、防錆の部分や耐候性・耐摩耗性・密着性などにも優れている部分が多くあります。 結局は、塗装を行う素地の状況やお客様のご要望等などにより判断して行く必要がある部分です。   彩りでは、お見積りの段階から屋根外壁の劣化診断をしっかりと行い、必要に応じた適切な処理や補修を提案しておりますので、お客様から高い評価をいただいております。 お家のことでどんな些細なことでも何か気になることがありましたら 高松市の屋根・外壁塗装専門店塗り替え工房彩りへ ご相談ください!! ■高松市の外壁塗装ショールームはこちら ■外壁塗装・屋根塗装のお見積もり依頼はこちら ■ドローン診断で屋根・外壁の劣化状況をチェック ■外壁塗装・屋根塗装プランはこちら

詳しくはこちら

活動日誌豆知識

ひび割れの補修について

2024.03.31 更新

ひび割れの補修について

こんにちは、高松市の屋根・外壁塗装専門店塗り替え工房彩りです。 今回は、ひび割れの補修方法であるUカット工法についてお話しします。 Uカットとは 電動工具を使用し、ひび割れに沿って溝を作ります。 溝内部の清掃及びプライマーを塗布後、溝にシーリングを充填していきます。 シーリングが乾くと、硬化し、少し痩せる(へこむ)ことがあります。 状況によっては、再度シーリングを充填することもあります。 シーリングが乾いたら、表面を樹脂モルタル等で埋戻し平滑に仕上げます。 その後、既存外壁塗膜の模様と同じように戻し吹付塗装を行いまして完了です! 工程数と手間が必要になります! 一口にひび割れ補修といっても、シーリングの補修で十分な場合や、割れ幅に応じたUカット以外の補修方法もあり 劣化状態によって補修方法も変わりますのでしっかりと見てもらう事が大切です!   彩りでは、お見積りの段階から屋根外壁の劣化診断をしっかりと行い、必要に応じた適切な処理や補修を提案しておりますので、お客様から高い評価をいただいております。 お家のことでどんな些細なことでも何か気になることがありましたら 高松市の屋根・外壁塗装専門店塗り替え工房彩りへ ご相談ください!! ■高松市の外壁塗装ショールームはこちら ■外壁塗装・屋根塗装のお見積もり依頼はこちら ■ドローン診断で屋根・外壁の劣化状況をチェック ■外壁塗装・屋根塗装プランはこちら

詳しくはこちら

活動日誌豆知識

カラーシミュレーションについて

2024.03.16 更新

カラーシミュレーションについて

こんにちは、高松市の屋根・外壁塗装専門店塗り替え工房彩りです。 今回はカラーシミュレーションについてお話しします。 皆様、カラーシミュレーションって何かご存知でしょうか? 弊社のカラーシミュレーションとは、お客様のご自宅外観の写真を撮影し 専用のソフトを使って外壁や屋根、その他付帯部のお色を自由自在に変更することが可能です! 既存のお色が単色であってもツートンカラーにお塗り替えできます。  ( 例 外壁の1階と2階で色を変えるなど ) 実物のご自宅のお写真をもとにしていますので塗り替え後の仕上がりイメージを非常につかみやすいと大好評です! 特別なことがないかぎり塗装後10年以上、塗り替えしたお色の家で過ごすこととなります。 思っていた色と、ぜんぜん違う! なんてことが万が一にもありませんように、精一杯サポートさせて頂いております。   彩りでは、お見積りの段階から屋根外壁の劣化診断をしっかりと行い、必要に応じた適切な処理や補修を提案しておりますので、お客様から高い評価をいただいております。 お家のことでどんな些細なことでも何か気になることがありましたら 高松市の屋根・外壁塗装専門店塗り替え工房彩りへ ご相談ください!! ■高松市の外壁塗装ショールームはこちら ■外壁塗装・屋根塗装のお見積もり依頼はこちら ■ドローン診断で屋根・外壁の劣化状況をチェック ■外壁塗装・屋根塗装プランはこちら

詳しくはこちら

活動日誌豆知識

無機塗料のメリット・デメリットについて

2024.03.09 更新

無機塗料のメリット・デメリットについて

こんにちは、高松市の屋根・外壁塗装専門店塗り替え工房彩りです。 今回は無機塗料のメリット・デメリットについてお話します。 <メリット> その① 耐久性が高いこと 前回のブログでも紹介いたしました通り、ガラスなどと同じ無機成分を配合されているため長期耐久性があります。従来のフッ素樹脂塗料と同等または、それ以上の耐候性と言われています。 その② 汚れにくいこと 撥水性ではなく「親水性」という塗膜に水が良くなじむ性質があります。これにより汚れが付着したとしても、塗膜表面と汚染物質の間に水が入り込み、ゴミを流し落とします。もう一つ有機塗料にくらべて静電気の帯電も少なく、塵やホコリ寄せ付けづらいです。この二点から汚れにくいということが言えます。 その③ 燃えにくいこと メリットその①でも言っていますが、ガラスなどと同じ無機成分を配合されているため(燃えるために必要な炭素配分が少ないため)、有機樹脂の塗料とくらべて不燃性が高いです。ただしガラスや石と違い、完全に燃えないというわけではありません。   <デメリット> その① 価格が高めであること 出始めたばかりということ、技術革新による無機成分の配合が行われているため、一般的な塗料よりも価格が高い傾向にあります。今後、需要が増えますとコストが下がる場合もあります。 その② ひび割れがしやすいこと 無機塗料は、塗膜が硬い場合が多いです。塗膜が硬質だと、外壁や屋根の基材は地震などの影響により動いた場合、ひび割れが発生しやすいです。動きやすいジョイント部やコーキング材の上に塗装する場合は注意が必要です。 その③ 艶が消せないこと 今現在では、無機塗料で完全に艶消しのものは出ておりません。意匠性を重視する方で艶感をなくしたいという人には不向きです。調整をして5分艶~3分艶程度まででしたら艶を抑えられる材料は、存在します。   (※注意 あくまでも一般的論です。無機成分の含有量や樹脂の種類によって上記の特徴と異なる場合もあります) まとめると一言で「無機塗料」といっても樹脂の種類や無機成分の配分量、施工のやり方・技術により、長持ちするものもあれば、しないこともあります。これは、どの種類の塗料にも言えることです。塗料の種類ばかりに目を向けず、容量用法を守る施工はもちろん、しっかりとした説明を受けられる業者選びが重要となりますので参考にしていただければと思います!   ※サッシまわりのコーキングを増打ち補修のみで塗装を行う業者が増えておりますのでご注意ください! 彩りでは、お見積りの段階から屋根外壁の劣化診断をしっかりと行い、必要に応じた適切な処理や補修を提案しておりますので、お客様から高い評価をいただいております。 お家のことでどんな些細なことでも何か気になることがありましたら 高松市の屋根・外壁塗装専門店塗り替え工房彩りへ ご相談ください!! ■高松市の外壁塗装ショールームはこちら ■外壁塗装・屋根塗装のお見積もり依頼はこちら ■ドローン診断で屋根・外壁の劣化状況をチェック ■外壁塗装・屋根塗装プランはこちら

詳しくはこちら

活動日誌豆知識

屋根の不具合について

2024.02.24 更新

屋根の不具合について

  こんにちは、高松市の屋根・外壁塗装専門店塗り替え工房彩りです。 今回は屋根の不具合についてお話します。 先日、工事させていただいた事例です。 総二階建てで築30年程度経過したお宅になります。 現地に伺い、お話を伺うと屋根はいぶし瓦屋根なので塗装の必要はないとのこと。 確かにいぶし瓦は基本的に塗装は不要です。しかし、ある程度の築年数が経過している場合などは瓦屋根以外の部分でも不具合が発生している場合が少なくありません。 今回、不具合があったのが屋根の銅制の谷板金の穴、瓦漆喰の剥がれ等が確認できました。 このように上に登ってみないとわからないことは多く、修繕に足場が必要なことも多いです。 塗装が必要ない部分だからと確認を行わないと、工事の際に指摘されて追加工事になったり、劣化を見過ごしてしまい、最悪雨漏りなどが発生してしまいます。 外装の塗装工事は建物にとって頻繁に行わない大規模修繕です。私たちは塗装専門店ですが、足場を組んだ際に一緒に行った方がいいメンテナンスも出来る限り一緒にご提案させていただきます。 彩りでは、お見積りの段階から屋根外壁の劣化診断をしっかりと行い、必要に応じた適切な処理や補修を提案しておりますので、お客様から高い評価をいただいております。 お家のことでどんな些細なことでも何か気になることがありましたら 高松市の屋根・外壁塗装専門店塗り替え工房彩りへ ご相談ください!! ■高松市の外壁塗装ショールームはこちら ■外壁塗装・屋根塗装のお見積もり依頼はこちら ■ドローン診断で屋根・外壁の劣化状況をチェック ■外壁塗装・屋根塗装プランはこちら

詳しくはこちら

活動日誌豆知識

外壁の種類やメンテナンスについて

2024.02.10 更新

外壁の種類やメンテナンスについて

こんにちは、高松市の屋根・外壁塗装専門店塗り替え工房彩りです。 今回は外壁の種類やメンテナンスについてお話いたします。 外壁には様々な種類があます。 代表的なのがサイディングで、皆様も耳にされたことはあるかと思います。 その中でも、最も多く使用されているのが窯業系サイディングです。 窯業系サイディングとは セメント系の材料を繊維素材等で強化プレス形成したものです。 次に金属性サイディングです。 金属系サイディングは成形スチール等に断熱材を裏に打ったものです。 その他、木質系のサイディングがあります。 安価なものもあり、施工も比較的に早くできます。 プリント技術が向上し、レンガ調・石目調など本物と見間違えるほどの商品が出ております。 そのような外壁材でも10年ほど経ってくると色褪せやチョーキング(塗膜の粉化)やシーリングの劣化が目立つようになってきますのでメンテナンスが必要になってきます。 窯業系サイディングですと板と板の間やサッシ周りのコーキングの劣化が心配です。 コーキングの劣化により窯業板の反りや割れの原因となります。更にほおっておくと躯体内の木部を傷めてしまう事になります。 また、表面は塗装ですのでチョーキングが見られたらこれは塗膜が粉化し防水力が低下しておりますので、雨水等の影響でやはり反りや塗膜の剥がれや内部からの湿気による傷みがが生じることがあります。 このような症状は目視や外壁に触るとご自分でも状態を確認できます。 ちょっと心配だなと思われたら、専門家にご相談いただくのがおすすめです。 チョーキングやシーリングの劣化、シーリングが十分な厚さで充填されていないシーリングの劣化、板の反り、クラック、外壁のダメージは様々な原因がございますので適切な補修方法でしっかりとメンテナンスをしていくことが大切です。   彩りでは、お見積りの段階から屋根外壁の劣化診断をしっかりと行い、必要に応じた適切な処理や補修を提案しておりますので、お客様から高い評価をいただいております。 お家のことでどんな些細なことでも何か気になることがありましたら 高松市の屋根・外壁塗装専門店塗り替え工房彩りへ ご相談ください!! ■高松市の外壁塗装ショールームはこちら ■外壁塗装・屋根塗装のお見積もり依頼はこちら ■ドローン診断で屋根・外壁の劣化状況をチェック ■外壁塗装・屋根塗装プランはこちら

詳しくはこちら

活動日誌豆知識

無機塗料について

2024.01.27 更新

無機塗料について

こんにちは、高松市の屋根・外壁塗装専門店塗り替え工房彩りです。 今回は無機塗料についてお話します。 最近、「無機塗料」という言葉を目にしたり、聞いたりする方が増えてきたのではないでしょうか。   そもそも無機塗料とはいったいどんなものなのか 説明していきます!   まず一般的な有機塗料とは アクリル・ウレタン・シリコン・フッ素等の塗料で有機物である合成樹脂を使用した塗料です。 次に無機塗料とは 上記の有機塗料に無機物(ガラスや鉱物など劣化しにくいもの)を合成した塗料のことを言います。 ガラスや鉱物が劣化しにくく汚れにくいことから、無機塗料も長期耐久が期待できることが理解しやすいと思います。   今までは、無機成分を有機塗料に加えることは、困難であるとされていましたが、最近では科学技術の発展により可能になりました。 ですので、最近出始めたばかりということで耳にする機会が増えたということ思います。 高価な塗料になりますが、塗料選び際の参考にしてみてください。   ※サッシまわりのコーキングを増打ち補修のみで塗装を行う業者が増えておりますのでご注意ください! 彩りでは、お見積りの段階から屋根外壁の劣化診断をしっかりと行い、必要に応じた適切な処理や補修を提案しておりますので、お客様から高い評価をいただいております。 お家のことでどんな些細なことでも何か気になることがありましたら 高松市の屋根・外壁塗装専門店塗り替え工房彩りへ ご相談ください!! ■高松市の外壁塗装ショールームはこちら ■外壁塗装・屋根塗装のお見積もり依頼はこちら ■ドローン診断で屋根・外壁の劣化状況をチェック ■外壁塗装・屋根塗装プランはこちら

詳しくはこちら

活動日誌豆知識

相談無料 見積無料 診断無料 塗り替え工房 彩りまでお気軽にお電話ください

0120-947-423
受付時間 8:00~18:00
(水曜日定休)

無料お見積依頼

相談無料 見積無料 診断無料

他社でお見積り中の方も大歓迎!失敗しないためにもぜひ比較してください!!

  • 外壁診断
  • 雨漏り診断

特典

チラシ・HPでも公開しない必読の情報満載 塗装をする前に是非ご一読ください! 塗り替え工房 彩りが長年蓄積した塗装のイロハ 資料請求はこちら 塗り替え工房 彩り会社概要はこちら
外壁診断 無料 プロによる正しい診断で適正価格のご提案をします! 雨漏診断 無料 気になる雨漏りの原因を迅速に突き止めます!! 外壁洗浄
スタッフ紹介はこちら アパート マンション 150万円以内で塗装 詳しくはこちら 初めて塗装工事をされる方へ